素敵な空間作りをお手伝いいたします

耐震リフォーム

taishin

耐震リフォームの重要性

阪神淡路大震災の死亡原因の第一位は家屋の倒壊による「窒息・圧死」です。
参考資料:『阪神・淡路大震災調査報告 総集編』(阪神・淡路大震災調査報告編集委員会、2000年)

cause

国としても重要事項であると認識しており、各種補助金、減税制度が整備されています。
※内容は各自治体により異なりますので、御確認下さい。

まずは簡易自己診断

「誰でもできるわが家の耐震診断(国土交通省住宅局 監修)」より

問診1~10の評点を合計します

問診1 建てたのはいつ頃ですか?

項目 評点
建てたのは1981年6月以降 1
建てたのは1981年5月以前 0
よく分からない 0

問診2 いままでに大きな災害に見舞われたことはありますか?

項目 評点
大きな災害に見舞われたことがない 1

床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・
大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇した

0
よく分からない 0

問診3 増築について

項目 評点
増築していない。または、建築確認など
必要な手続きをして増築を行った。
1
必要な手続きを省略して増築し、または増築を2回以上
繰り返している。増築時、壁や柱を一部撤去するなどした
0
よく分からない 0

問診4 傷み具合や補修・改修について

項目 評点
傷んだところは無い。または、傷んだところは
その都度補修している。健全であると思う
1
老朽化している。
腐ったり白蟻の被害など不都合が発生している
0
よく分からない 0

問診5 建物の平面はどのような形ですか?

1階の平面形状に着目します

項目 評点
どちらかというと長方形に近い平面 1
どちらかというとLの字・Tの字など複雑な平面 0
よく分からない 0

問診6 大きな吹き抜けがありますか?

1辺の長さが4.0m以上かどうかに着目します

項目 評点
一辺が4m以上の大きな吹抜はない 1
一辺が4m以上の大きな吹抜がある 0
よく分からない 0

問診7 1階と2階の壁面が一致しますか?

ご自宅が枠組壁工法の木造(ツ ーバイフォー工法)なら、ここの評点1とします。

項目 評点
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁があるまたは、平屋建である 1
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がない 0
よく分からない 0

問診8 壁の配置はバランスがとれていますか?

1階部分の外壁に着目します

項目 評点
1階外壁の東西南北どの面にも壁がある 1
1階外壁の東西南北各面の内、壁が全くない面がある 0
よく分からない 0

問診9 屋根葺材と壁の多さは?

項目 評点

瓦など比較的重い屋根葺材であるが、
1階に壁が多い。
または、スレート・鉄板葺・銅板葺など比較的
軽い屋根葺材である

1
和瓦・洋瓦など比較的重い屋根葺材で、
1階に壁が少ない
0
よく分からない 0

問診10 どのような基礎ですか?

項目 評点
鉄筋コンクリートの布(ぬの)基礎または
ベタ基礎・杭基礎
1
その他の基礎 0
よく分からない 0

判定

評点の合計 判定・今後の対策
10点 ⇒ひとまず安心ですが、念のため専門家に診てもらいましょう
8~9点 ⇒専門家に診てもらいましょう
7点以下 ⇒心配ですので、早めに専門家に診てもらいましょう

 補強方法

1.基礎の補強

  • 玉石基礎などの場合は、鉄筋コンクリート造の布基礎にし、土台をアンカーボルトで締め付けます。
  • 昔の基礎は無筋コンクリートで布基礎、ベタ基礎に比べて強度が不足。独立基礎を一体化させたり、コンクリートを増し打ちします。クラックが入っている場合は補修します。

2.壁の補強

  • 腐ったり、白蟻に食われた痛んだ部材は取替えます。
  • 筋かいを入れたり、構造用合板を張って強い壁を増やします。
  • 土台・柱・筋かいなどの接合部は十分に釘または専用の金物で固定します。
  • 柱・はりの接合部も同様に堅固にします。

3.壁の配置

壁の量を増やし、かつ、釣り合い良く配置します。

4.屋根の葺き替え

重い屋根材(日本瓦等)を軽量で丈夫な屋根材に取り替えることで建物の負担を軽減します。

まずは御相談下さい

リフォームと耐震補強を同時に行うことをおすすめします。

各種補助金、リフォーム減税制度等、ご利用頂ける場合がございますので、お気軽に御相談下さい。

御相談はこちらから TEL 0120-110-364 受付時間 9:00 - 20:00 [ 土・日・祝日は18時まで]

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.