素敵な空間作りをお手伝いいたします

和室リフォーム

japan_header (1)

和室リフォームのポイント

 

japan_point

Point 1. 内装材

和室の床といえば畳。

吸放湿性、断熱性、防音性に優れた素材です。

近年は、健康やお手入れのしやすさに配慮した

機能性のある畳やデザイン性に優れた

縁のない琉球畳やカラー畳も人気。

壁材は調湿性のある珪藻土を使った塗り壁や

和紙クロスなどがおすすめです。

pic_01 (6)

カビやダニの発生を抑え、快適さを
長くキープする和紙畳。

(ダイケン畳 健やかくん 大建工業)

けいそう壁

pic_02 (7)

吸放湿作用で、湿度を一定に保ち、
常に快適な室内空間に。

(けいそうジュラックス土壁 四国化成)

Point 2.収納

和室は、押入の使い方がポイントです。

収納物に合わせて効率よい収納を計画します。

寝室として使う場合は

クローゼットにするのもいいでしょう。

床下収納などもおすすめです。

また、湿気がこもらない様に工夫された建材を

取り入れると、さらに快適になります。

押入

pic_03 (5)

使い勝手の良い押入。
さわやかなホワイト色。

(フィルカーゴ 和室収納プラン 永大産業)

床下収納

pic_04 (6)

ガススプリング方式で

開閉ラクラクの床下収納。

(床下収納ユニット〈和室用〉Panasonic)

Point 3.窓

和室の窓には、基本的に内障子があります。

窓は変えずに内障子を和紙のブラインドや

ロールスクリーンにすると、モダンで明るい

印象の空間に変わります。また、断熱性を

高めたい場合は、和紙調ガラスや組子デザインの

内窓を付けるのもいいでしょう。

内窓

pic_05 (6)

和障子の風合いのまま、断熱性や
気密性を高める二重窓に。

(インプラスウッド LIXIL)

ロールスクリーン

pic_06 (6)

重厚感がある木の質感を活かしたスダレ

(経木スダレ ロールスクリーン ラルク
タチカワブラインド)

Point 4.照明

和室の照明は客間、寝室など用途に合わせて

調光・調色できるタイプがおすすめです。

また、最近は天井にぴたりと設置できる

シーリングや埋め込み器具が主流ですが、

竿縁天井や格天井などの本格的な和室には

ペンダントが適しています。

空間の演出には和風のフロアスタンドが最適です。

シーリング

pic_07 (6)

シンプルでモダンな雰囲気の和風
シーリング。

(LEDシーリングライト 調光・調色タイプ
コイズミ照明)

ペンダント

pic_08 (6)

「数寄屋」の侘び寂びが漂うあかり。

(LEDペンダント 調光・調色タイプ
Panasonic)

Point 5.その他

和室を茶の間として使う場合は、

床をリビングとフラットにつなげて一体化させたり

逆に和室の床高を上げて床下を収納にして

空間に変化をもたせるなどのプランがあります。

空間を演出するインテリアを取り入れると

より洗練された空間になります。

スリット格子

pic_09 (5)

空間をやさしく仕切りつつ、縦格子の
隙間から光や気配が通います。

(スリット格子 Panasonic)

化粧梁

pic_10 (4)

化粧梁に照明を埋め込み空間に
アクセントを。

(天井インテリアパーツ 化粧梁
南海プライウッド)

御相談はこちらから TEL 0120-110-364 受付時間 9:00 - 20:00 [ 土・日・祝日は18時まで]

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.