素敵な空間作りをお手伝いいたします

子供室リフォーム

kids_header

子供室リフォームのポイント

 

kids_point

Point 1. 内装材

お掃除がしやすくアレルギーなどに配慮した素材選びを。

自然素材や空気環境をよくする内装材もおすすめです。

ただ、無垢の床材や自然素材の塗り壁などは

キズがつきやすかったりする場合があるので、

そういった点にも配慮を。

2階の部屋の場合は、階下への音の配慮も忘れずに。

防音カーペット

pic_01 (5)

床衝撃音を低減できるカーペット。
部分的に張替えや水洗いできます。

(防音カーペット ドレミ 大建工業)

天井材

pic_02 (6)

湿気を吸放湿する天井材で、
快適湿度を保ちます。

(しずかW 大建工業)

Point 2.収納

あまり広くないスペースにどんどん持ち物が増える子供室。

余裕をもった収納スペースを確保して、

限られたスペースを有効に活用することがポイントです。

片付けやすさも大切で、楽しく片付けることで

きちんと整理する習慣を身につけます。

デスク収納

pic_03 (4)

本がたくさん仕舞えるウォール収納もついて机まわりすっきり。

(リビングステージ システム収納 永大産業

壁厚収納

pic_04 (5)

散らかりがちな学校用具をすっきり
収納。

(壁厚収納 キッズラック ノダ

Point 3.通風・採光

自然光がたっぷり入って風通しのよい部屋が理想的。

暗い部屋の場合、窓を大きくしたり

新設することが一番ですが、別の部屋や廊下側に

明かりとり窓を付けて改善する方法もあります。

また、北側の部屋で寒さが気になる場合は

断熱性の高い窓で対策を。

採光ユニット

pic_05 (5)

屋内空間での光や風、視線をコントロール。

(採光ユニット 開き窓 YKK AP

後付樹脂内窓

pic_06 (5)

二重の窓で断熱性や防犯性

結露防止の効果が向上し快適に。

(プラメイクE 三協アルミ)

Point 4.照明・その他

机に向かうことが多い子供室は、

空間を全体的に明るく照らす全般照明と

机の上のデスクスタンドを組み合わせて。

あかりを切り替えられる照明もおすすめ。

また、個性に合わせて

お部屋のコンセプトを決めるのもいいでしょう。

ダウンライト

pic_07 (5)

勉強や就寝など、シーンに合わせて
あかりを切り替え。

(光色切替明るさフリー LEDダウンライト
Panasonic)

音響用インテリア建材

pic_08 (5)

快適な音環境をつくる音響壁材。
音楽が趣味のお子様に。

(サウンドデザインウォール

表面パネル・AR 大建工業)

御相談はこちらから TEL 0120-110-364 受付時間 9:00 - 20:00 [ 土・日・祝日は18時まで]

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.