素敵な空間作りをお手伝いいたします

洗面リフォーム

sani_header

 

リフォーム事例

 

s_jirei

 

洗面所リフォームのポイント

 

sani_point

 

Point 1. 洗面所リフォーム

①広さや目的に合わせた設備選び

洗面所は、洗濯室や脱衣室を兼ねる場合、メイクやグルーミング中心の場合など使い方に
応じて洗面化粧台などの設備を決めます。

 

洗面化粧台

pic_01 (3)

機能が充実した洗面化粧台。

(オクターブ TOTO)

洗濯機パン

pic_02 (3)

全自動洗濯機、ドラム式洗濯機まで

洗面空間をムダなく活用できるサイズ。

(洗濯機パン TOTO)

② 水まわりに適した内装材

水や湿気が気になる洗面所は、水に強く汚れてもお掃除が簡単な内装材がおすすめ。

床材

pic_03 (2)

水、汚れ、キズに強いシートフローリング。

(ハピアフロア 石目柄 大建工業)

壁材

pic_04 (3)

調湿効果でカビや結露を抑制し、ニオイも軽減。

(さらりあ~と 大建工業)

Point 2. 化粧台選び

① 形状・サイズ・デザイン

基本的な間口サイズは、60~165㎝で、75㎝が一般的。奥行は50~60㎝が基本です。
広さに合わせてサイズを決めます。目的に合わせてボウルの形状を選び、高さもしっかり
チェックしましょう。

スタンダードタイプ

pic_05 (3)

洗面としての機能が充実したスタンダードタイプ。

(オフト LIXIL)

カウンタータイプ

pic_06 (3)

2㎜単位(カウンター)でサイズを
決めれる上質なドレッサー。

(ルミシス LIXIL)

② 収納力

洗剤やボトル類のストック、グルーミングの小物まで収納するモノに合わせて収納スタイルを
選びます。スペースに余裕があれば、周辺キャビネットの追加で収納を充実。

キャビネット

pic_07 (3)

収納量が大幅にアップする独自のキャビネット。

(サクア 3wayキャビネット TOTO)

収納鏡

pic_08 (3)

収納内部のWコンセントで美容家電も充電しながら収納。

(シーライン すっきり家電収納Panasonic)

 ③防汚性・清掃性

汚れが付きにくい素材の採用や形状の工夫で、汚れがたまりにくく落としやすくした製品を
選んで洗面化粧台のお掃除を簡単に。

防汚性

pic_09 (3)

水アカをはじく新素材で汚れにくく、

掃除しやすい形状のボウル。

(ウツクシーズ 有機ガラス系新素材 Panasonic)

清掃性

pic_10

排水口に向かって汚れや水が流れる形状で、

お手入れ簡単。

(オクターブ すべり台ボウル TOTO)

④ 省エネ性・機能性

快適に洗面化粧台を使用する機能に加え、省エネ性能も要チェック。
快適に使いながら省エネを実現します。

オート水栓

pic_11

手を近づけるだけで吐水・止水し、湯水のムダも節約。

(ウツクシーズ すぐピタ/カチット水栓 Panasonic)

LED照明

pic_12 (2)

顔をしっかり照らす設計で省エネ、長寿命のLED照明。

(シーライン ツインラインLED照明 Panasonic)

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.