素敵な空間作りをお手伝いいたします

サイエンスvsパナソニック

サイエンス(マイクロバブルトルネード)とパナソニック(美泡湯)を徹底比較。
パナソニックさんにも日頃お世話になっていますが、包み隠さず公平に比較したいと思います。

マイクロバブル徹底比較

機能

サイエンス
・マイクロバブル発生機能
・ゆらぎ浴(エアレスジェット)
・スポットケア(エアレスジェット)

パナソニック
・マイクロバブル発生機能のみ

対応ユニットメーカー

サイエンス
全てのメーカーへの対応可能
・既存浴槽への取付も可能

パナソニック
・自社のみ(装置単体での取付は不可)

設置方法

サイエンス
・ビルトイン(内蔵)型(据え置きタイプも保有)

パナソニック
・ビルトイン(内蔵)型

吐出量

サイエンス
約18L/分

パナソニック
・約15L/分

ランニングコスト(15分×4人×30日)

サイエンス
約180円(消費電力240W・連続運転15分)

パナソニック
・約390円(消費電力390W・連続運転15分)

気泡の大きさ

サイエンス
約0.003mm

パナソニック
・約0.018mm

マイクロバブル発生方式

サイエンス
空気混合せん断方式+加圧溶解方式

パナソニック
・加圧溶解方式

マイクロバブル比較結果

やはりマイクロバブルの専門業者サイエンスに分がありそうです。
サイエンスは基本的に後付けを前提としているので、自由度も高く、かつ性能も上ですので、よほどの理由が無い限りはサイエンス製をおすすめいたします。

awa

御相談はこちらから TEL 0120-110-364 受付時間 9:00 - 20:00 [ 土・日・祝日は18時まで]

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.