素敵な空間作りをお手伝いいたします

トイレリフォーム

toilet_header

 

リフォーム事例

 

t_jirei

 

トイレリフォームのポイント

 

toilet_point

 

Point 1. トイレリフォームのポイント

① 広さ、使い勝手で選ぶ設備

快適なトイレ空間のためには、使いやすい便器選びがポイント。
コンパクトなタンクレスタイプなら、狭いトイレも広々使えます。

 

便器

pic_01

タンク式でありながらローシルエット
の一体形便器。

(GG TOTO)

手洗い器・アクセサリー

pic_02 (4)

スペースに合わせてオーダー感覚で
手洗い器をコーディネート。

(レストルームドレッサー TOTO)

② 水まわりに適した内装材

湿気や汚れが気になるトイレは、汚れが付きにくく、お掃除も簡単な素材が大切。

床材

pic_03 (3)

防汚・防臭効果が高く目地もないので
クリーン。

(ハイドロセラ・フロアJ/JH TOTO)

壁材

pic_04 (4)

汚れを吸収しにくく落とすのも簡単。
脱臭効果もプラス。

(エコカラット プラス Fシリーズ LIXIL)

Point 2. 便器選び

① 形状・サイズ・デザイン

便器と便座を別々に選べる組み合わせタイプ、便器と便座をひとつにした一体型タイプ、
タンク部分を収納で隠した収納一体型などがあり、それぞれサイズや形状が異なります。

組み合わせ便器(タンク付)

pic_05 (3)

ベーシックな組み合わせ便器に好みの
便座をセット。

(ピュアレストEX TOTO)

便座一体型便器(タンクレス)

pic_06 (3)

奥行がコンパクトだから狭いトイレも
広々のタンクレス。

(サティス LIXIL)

② 価格・機能性

温水洗浄だけでなく自動でフタを開閉、洗浄する機能、清潔さをキープする機能など
さまざま。同じ製品でも機能で価格が異なるので、使い方に合わせて選びましょう。

オート機能

pic_07 (4)

便器に近づくと自動で便フタが開き、

立ち上がると自動洗浄。

(シャワートイレ パッソ
フルオート便座/フルオート洗浄 LIXIL)

オートパワー脱臭

pic_08 (4)

使用後は自動で「におい」を強力に脱臭。

(ネオレスト オートパワー消臭 TOTO)

 ③防汚性・清掃性

汚れが付きにくく落ちやすい素材や形状の工夫、

新しい洗浄方式で汚れ落ちをよくした製品でお手入れをラクに。

洗浄機能

pic_09 (4)

2種類の泡洗浄で流すたびにお掃除。

(アラウーノ 激落ちバブル Panasonic)

形状・素材

pic_10 (3)

汚れのたまりやすいフチをなくした
形状と汚れが付きにくい素材。

(ネオレスト フチなし形状/セフィオンテクト
TOTO)

④ 省エネ性

従来の便器より大幅に節水できる便器が登場しこの節水タイプが主流に。
便座の節電機能も進化していて要チェックです。

節水

pic_11 (3)

3.8ℓと従来の13ℓより約75%も
節水。少ない水でもしっかり洗浄。

(ネオレストAH/RH 床排水タイプ
ハイブリッドエコロジーシステム TOTO)

節電

pic_12 (3)

センサーで人の動きを検知し、使うときだけあたためてムダを削減。

(ウォシュレット アプリコット
瞬間暖房便座 TOTO)

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.