素敵な空間作りをお手伝いいたします

浴室リフォーム

bathheader

 

リフォーム事例

 

b_jirei

 

浴室リフォームのポイント

 

bath_point

 

Point 1. 浴室リフォームの方法

浴室のリフォームには、「在来工法」と「システムバス」の2種類の方法があります。
浴室の不満点や改善点、目的に合わせた製品選びがポイントです。
ここでは、システムバスリフォームでのポイントを中心にまとめています。

①在来工法

浴槽や水栓、内装タイルなどパーツを自由に選べるので個性的な浴室がつくれ、
サイズも自由にできます。部分的なパーツリフォームも可能。

 

浴槽

pic_01

透明感があり高級感あふれる人工大理石浴槽

(ネオエクセレントバス1600サイズ TOTO)

水栓

pic_02

軽く押すだけで吐水・止水が簡単にできます。

(タッチスイッチ水栓 TOTO)

②システムバス

仕上がりの良さと短工期で浴室リフォームの主流です。
戸建住宅用の製品は、0.75坪・1坪・1.25坪のほかに1.5坪やメーターモジュール対応サイズを用意しているメーカーもあります。

システムバス1坪タイプ

pic_04

シンプル装備のスタンダードなタイプ

(キレイユ Eタイプ LIXIL)

システムバス1.25坪タイプ

pic_05

デザイン性、機能性を併せ持つハイスペックタイプ。

(キレイユ Kタイプ LIXIL)

Point 2. システムバス選びのポイント

① 価格・デザイン

システムバスは、メーカーにより差はありますが、それぞれ異なる基本アイテムを備えた
標準タイプをグレード別に用意していて、それをベースにアイテムが追加・変更できます。
選ぶ素材・色・パーツにより価格も変わります。

浴槽

pic_06

マーブル模様が美しい人造大理石浴槽。

(オフローラ アクアマーブル人造大理石浴槽
Panasonic)

壁パネル

pic_07

素材や質感にこだわった壁材。

(オフローラ壁パネル Panasonic)

②安全性・機能性

家族みんなが使う浴室は、安全性も重要です。安全性に配慮したバリアフリー仕様を取り入れましょう。また、使い勝手の良さなど機能面も要チェック。

pic_08

柔らかく、ヒヤッとしない床は滑りにくく安心。

(サザナ ほっカラリ床 TOTO)

水栓

pic_09

軽いタッチのボタンを「押す」「回す」だけの簡単操作。

(キレイユプッシュ水栓 LIXIL)

 ③防汚性・清掃性

湿気が多く、水アカやカビが付きやすい浴室はお掃除が大変です。
汚れが付きにくく、お手入れが簡単な素材や換気設備がおすすめです。

お掃除浴槽

pic_10

リモコンのボタンを押すだけで自動的におフロを洗浄。

(クレッセ おそうじ浴槽 ノーリツ)

排水口

pic_11

うずのチカラでゴミをまとめてお掃除
ラクラク。。

(キレイユ くるりんポイ排水口 LIXIL)

 ④省エネ性

たくさんのお湯を使う浴室。
おサイフにやさしい暮らしの為に省エネアイテムを選びましょう。

保温浴槽

pic_12

断熱材と浴槽パンで保温し、湯温低下を抑制。

(リフォムス 保温浴槽Ⅱ Panasonic)

節水シャワー水栓

pic_13

シャワーの浴び心地と節湯性能を両立。

(キレイユ エコフルシャワー LIXIL)

 ④リラクゼーション機能

バスタイムをより楽しく、リラックスできるプラスアルファの設備。自宅で手軽にスパ気分を満喫。

酸素美泡湯

pic_14

酸素を含んだミクロの泡でぬるめの
お湯でもぽっかぽかに。

(リフォムス 酸素美泡湯 Panasonic)

音響システム

pic_15

バスルームでお気に入りの音楽が楽しめます。

(トクラスバスルーム ストーリー サウンドシャワー
トクラス)

PAGETOP
Copyright © アトリ家 All Rights Reserved.